食道

食道って、25cmほどあるそうです。

ちょうど、手首から肘くらいの長さですね。

一見、胃とか腸っぽいですが、

食べ物を口から胃に送るための管なので、

消化と吸収はできません。

 

酸にもアルカリにも弱いそうなので、

熱すぎたり冷たすぎたり、辛すぎたり酸っぱすぎたりなど、

刺激の強い食べ物は、時々にした方が良いですね。

お酒もストレートは時々でお願いします。

 

食道は、うねうねと縮んだり緩んだりする動きで、

食べ物を胃まで運びます。

なので、横向きになっても逆立ちになっても、

食べ物は胃に運ばれます。

食後に横になるときは、

ちょっと時間をおいてからの方が良さそうですね。

食べ物はよく噛んだ方がいい!②

食べ物をよく噛むことの効果その②

 

4、胃の消化や腸での栄養の吸収に負担がかからない

食べ物をよく噛むことで細かく分解され消化もスムーズになります

よく噛まないと臭いオナラの原因にもなります。

 

5、虫歯、歯周病予防

噛むことで唾液がたくさん出ます。

その唾液には殺菌効果があり虫歯菌などをやっつける働きがあります。

よく噛まない、あるいはドライマウスの方は注意が必要です。

虫歯、歯周病は血栓を引き起こす原因のひとつとされています。

食べ物はよく噛んだ方が体にいい!

食べ物は一口30回噛んでから飲み込むといいと言われています。

一体どんな効果があるのでしょうか?

1、若返り、美容効果

噛むことで唾液がたくさん出ます。

その唾液の中には若返りホルモンや美容成分が入っています!

 

2、小顔やダイエット効果

噛むと顔の筋肉が使われ引き締まります。

たくさん噛むと脳に刺激がいき、満腹感が得られるので少しの量で満足に!

 

3、ストレス解消

噛むリズムでセロトニンが増加、精神安定や自律神経調整の効果も!